自撮り棒(1)

アイディア

「自撮り棒」の普及が日本人の国民性を変える可能性(1)

12 4月 , 2015  

LINEで送る

 

こんにちは、あききよです。テクノロジー関連の記事ばかりじゃ楽しくないので、今回はテクノロジーから離れた記事を書いてみようと思います。最近、一気に流行した「自撮り棒」についての記事だから、ほんの少しだけテクノロジー関連の話題になってしまうのだけど。。あれ、スマホ使ってるしね。。

 

でもこの記事は一切テクノロジーに関連ありません。今日は月曜日です。僕と同年代の友達の約半数は社会の荒波の中へ出社していきます。僕はこんなブログを更新していていいのか。

 

 

e49feb3e73489e15f126082cfde9bb3942999aa9.62.1.12.2 自撮り棒

 

 

 

皆さん、「自撮り棒」ご存知ですか?「セルフィースティック」や「セルカ棒」などの名称もあります。(詳しくは自撮り棒Wikipediaへ。予想以上に自撮り棒の歴史が記載されてます。「自撮り棒」は1983年生まれで歴史ありでしたw ちょっと面白い。)

 

僕はこの「自撮り棒」が結構好きです。好きな理由しては、簡単に綺麗に自撮りができる機能面もそうですが、客観的に自撮り棒を使う人たちの光景が僕の目には割とシュールに写るからです。何かあの一本のスティックに皆で顔決めてポーズとるのいいよね。w

 

そしてもう一つの理由として、この最近とても流行りの「自撮り棒」は日本人の気質にマッチしていない気がなんとなくするからです。そもそも「自撮り」という行為そのものが日本人の国民性にはマッチしていない気がします。

 

(ここから下は僕個人の勝手な考えです。謙遜に対する価値観は人それぞれ、千差万別でいいと思います。謙遜が美徳だと思っている人を否定するわけではありません。)

 

日本人の性格は(もちろん全員ではないですが)「謙遜が美徳、あまり自分を押し出さないのが美徳」な気質です。この文化とも言える日本の国民性を僕は個人的あまり好きにはなれません。「謙遜する」という行為自体が全く合理的でない気がするからです。

 

日本では多くの人が社会生活の中で「謙遜」します。僕も日常の色んなシーンで「謙遜」を使います。

 

しかし、多くの人たちが「謙遜」をするのは日本人の一般的な価値観として【無闇に自分を押し出さずに、謙遜する人間性が美徳である。それができる人はイケている】という共通認識があるからです。

 

【「謙遜」ができる人は周りの人達から評価される】という前提があるから多くの人々は謙遜するのです。

 

これは「お金」も同じです。日本では【日本の中央銀行が発行する福沢諭吉の絵が描かれた紙に価値がある】という共通認識があって初めて、人々は「お金」を使い、「お金」を欲しがるのです。【日本の中央銀行が発行する紙に価値がある】という前提が日本であるから(世界全体でありますが)です。

 

このようなあるコミニティ間で抱かれている、ある共通の認識を共同幻想という言葉を使ったりしますが、今挙げた2つの例だと「日本人というコミニティ」では

①【自分をあまり押し出さず、謙遜する(できる)人はイケている

②【日本の中央銀行が発行する福沢諭吉の絵が描かれた紙に価値がある

という共同幻想があるのです。複数人が信仰する宗教なども共同幻想ですね。

 

例えば、この前提がない世界を考えてみましょう。【日本の中央銀行が発行する福沢諭吉の絵が描かれた紙に価値がある】という前提がない世界、(今回は例えとして)卑弥呼の支配する邪馬台国の人に、現代の1万円札をあげたとしましょう。彼らにとって「1万円札」はただのオブジェクトです。僕たちにとって「土偶」はただのオブジェクトですよね。【日本の中央銀行が発行する福沢諭吉の絵が描かれた紙に価値がある】という前提がない邪馬台国では「1万円札」は「お金」としての機能を持つことはできません。(まあ当然っちゃあ当然なんだけど)

 

じゃあ、次は【自分をあまり押し出さず、謙遜する(できる)人はイケている】という前提がない世界を考えてみましょう。もちろん「謙遜」を誰も美徳と思わないのだから「謙遜」した所で誰も評価してくれません。もしかするとこの前提がない世界では、「謙遜」という概念自体がないかもしれません。(名詞の「謙遜」、動詞の「謙遜する」という言葉自体が必要性がないから生まれない可能性すらあります。)

 

あなたは今この世界に来ているとします。この世界であなたは「謙遜」をしますか?「謙遜」してあなたに何か良いことはあるでしょうか。僕はこの世界では一切「謙遜」していいことはないと思います。何かこの世界で「謙遜」するメリット思いつく人がいたら本当にコメント欄から教えて欲しいくらいです。。むしろ、周りの人は「謙遜」するあなたを見て、あなたのことを過小評価するかもしれないしデメリットが起きる可能性しかないと思います。

 

僕のこの考えが正しい仮定で話を進めると「謙遜する」という行為そのものにはデメリットを起こす効果しかないのです。それでも、日本人が「謙遜」という行為をする唯一の理由は日本というコミニティ間で【自分をあまり押し出さず、謙遜する(できる)人はイケている】という共同幻想があるからのみなのです。本来デメリットしかない行為をこの共同幻想のせいでしなければならない世界はあまりいいものではないと思いませんか?

 

【自分をあまり押し出さず、謙遜する(できる)人はイケている】という共同幻想がない世界の方がいい世界であると思わないでしょうか?僕はこっちの世界の方が(個人的に)いい世界であると思います。まあ本当に個人的になんですけどね。。

 

「自撮り棒」はこの前提にある共同幻想を一時的に取り除く免罪符的な機能を持つと思っています。本題の「自撮り棒」については次の更新で書いていきたいと思います。ONESELFが変えようとしている文化もこのテーマに絡めて解説していきたいと思います。読んでくれてる人いるといいな(笑)

 

 

 

 

akikiyo By  -      



Facebookからこの記事にコメントする