スクリーンショット 2016-05-28 14.07.32

ワンセルフ

WEBサービス自分で作ってを一ヶ月運用してみて①

3 6月 , 2016  

LINEで送る

今日は、最近ITスタートアップ界隅でよくブログを書いてるのを見て、確かに知ってもらうのは大事だな〜と思って、僕もこまめに短めに書いてみようと思います。

 

もうすぐ「人間のあらゆる能力が数値化できる」WEBサービスONESELFを運用してみて一ヶ月です。この一ヶ月とても色んな示唆を受けたので簡単に残しておこうと思います。

 

ONESELFはリリースした時、僕の体感値で、とりあえずリリースするけどサービスとしてはまだまだだろうな。とは思っていました。事実1ヶ月運用してみてまだアクティブなユーザーはほぼいません。Facebook創業者マークザッカーバーグの有名な言葉に「Done is better than perfect(完璧を求めるよりまず終わらせろ)」というものがありますが、最低限の機能だけつけて、細かい部分を飛ばして、リリース重視で「えいやっ」でリリースしたという感じです。「完璧」というものはないのでそれでよかったなーとは思います。

 

edb2f015

 

 

 

事実、リリースしたことで多くの方々からフィードバックを頂けたりとても貴重な声を聞くことができました。「使い方がよくわからない」という意見もありました。「使い方がわからなくてまだうまく出来ていないごめんな。。」と言われたこともありました。それは完全に誰でも使えるように設計していないこちらに非があるのです。もうすぐ少し大きめのアップデートもあります。ユーザーの利用状況をプログラムが把握して、ユーザーの方が次にすべき操作を内部のプログラムがナビゲーターとなって教えてくれる機能です。

 

そのナビゲーション通りに操作していると自然と使いかたを覚えることができます。ONESELFはデータ解析系のサービスなので、将来的に”人工知能”に密接に関連してきます。なので、今流行りの”人工知能”を意識して作った機能です。確実になんちゃって人工知能ですが(笑)

イメージは映画「アイアンマン」に出てくるこれです(笑)

 

iron_man_3_jarvis_by_jithinjohny-d661j9u

 

 

 

この一ヶ月でもう一つ気づいた大きなことは

 

ITプロダクトを作るのとビジネスを作るのは全く別だ

 

ということです。

 

こまめに更新したいのでまた次回!

 

 

 

akikiyo By  -      


Facebookからこの記事にコメントする