ワンセルフ

1年ほど運用したWEBサービスを今日で撤退しようと思います

16 4月 , 2017   Video

LINEで送る

今日で、1年弱ほど自社サービスとして運用してきた下動画の「人間のあらゆる能力の数値化(偏差値化)を可能にする」がコンセプトのサービス”ONESELF”を正式に撤退したいと思います。

理由は「このままの方向で進んでも、当初のビジョンを実現できない気がする」と思うようになったからです。そうなった要因は色々ありますが、一番大きな要因は「顧客のためでなく、自分が作りたいモノを作ってしまった」ということに尽きるかな。と個人的には考えています。

ここ半年程はほぼ手付かずで、しばしば「あのONESELFってまだやってんの??」と聞かれていたので、ダラダラ続けててもアレなので、ここでキッパリ区切りとしてご報告までに。

 

そもそもこのONESELFを通じて何をしたかったのかというと、【今、出会って30秒で相手の能力を判断するとしたら、相手の学歴、職歴、資格等に目が行きがちで、今IT時代だし、何らかのテクノロジーで別の評価指標を作って、それを皆の共通の信用として機能させれば、今より幸せになれる人はいるのではないか?】と学生の頃に思い始めたのがきっかけです。(そう思うようになった理由は省略)
それに向けて【テクノロジーとインターネットで人間の能力をより精度高く計測できる新しい手法を生むことは可能な気がする】と思い作り始めたのが、「人間のあらゆる能力を数値化させる」というコンセプトのONESELFです。(細かい数値化の仕組みなどは割と複雑なので省略します)

 

結果的にうまくはいってないんで、何を言ってもあれなんですが、振り返ると色々得たものも多かったなーと。ビジネスにおいて「顧客ファースト」「課題ファースト」といったことの大切さが身に染みて身体と経験で理解できたり、当初、投資家側の事情など何も考えずに「資金調達するぞー!」と意気込み動いて、結果的に調達できていないんですが、日本のベンチャー起業のエコシステム構造や歴史をだいぶ理解できたり、0からプロダクトを設計して実際に構築し、運用するという一連の経験や、普通に勤めてたら出会わないであろう人や価値観を知れたり、海外のビジネスや市場の動向にも意識が向くようになったりとその他諸々得たものもあるかなーと思います。

 

当初の事業目的の【学歴、職歴、資格に相当する皆の共通認識となる新たな信用指標を生み出す】というのは未だ実現できてないですが、このテーマは非常に自分の人生の時間を使う意義と価値があるテーマであると思っているので、「目的に対するアプローチの1つとして今回の手法は成功させられなかった」という結果に対する反省と振り返りはしつつも、諦めず実現の方法を今後も模索したい思います。

目先、「今後どうしていこうかなー」というのは色々迷っていて「こんな選択肢はどう?」みたいのが、もしあれば、ぜひご連絡頂けるととても嬉しいです!?

 

以上です。サービスは撤退としましたが、記念品として今年中くらいはオープンさせようかな。。(笑)
後、昨日は誕生日でした。では、また。これからも頑張ろう!

 

akikiyo By  -      


Facebookからこの記事にコメントする